キンサイ(杭州)鳥瞰図

マテウス・メリアン
ヨハン・ルートヴィヒ・ゴットフリード編「世界誌」
1638年   フランクフルト
銅版画
マルコ・ポーロが「東方見聞録」の中で「世界で最も高貴にして富める都市」と讃えたキンサイ(現在の杭州)の鳥瞰図です。

マルコ・ポーロは父と叔父と共に苦労して中国に渡り、1275年に夏の離宮チャンドゥで元の大汗フビライに謁見を許されます。 三人は臣下としてその後17年間フビライに仕えました。 才能があったマルコは信頼され、フビライの使いとして杭州、泉州から四川、チベット、ビルマまで訪れました。 特に中国南部(マンジ)の都、キンサイ(杭州)はマルコに深い感銘を与え、「東方見聞録」の中で、「天の都キンサイは、周囲160キロメートル。 ヴェネツィア同様運河が網の目のように張りめぐらされ、12の水門と12000の橋があった。」と述べています。 また当時の杭州の人口は100万を超え、税収入も莫大で世界一裕福な都市であり、市民は平和を愛し、温和で争うことがない、と感服しています。

このキンサイ鳥瞰図はマルコ・ポーロの記述を基にして描かれた想像の都市図であるとは思いますが、それゆえ当時のヨーロッパ人の考える「理想的な繁栄する港湾都市とはいかなるものか」というのが具現化された大変興味深い都市図になっていると思います。

この図版はピエール・ダヴィティ「世界帝国誌」をヨハン・ルートヴィヒ・ゴットフリードが翻案した「世界誌」に収められたもので、新たにマテウス・メリアンによって制作されたものです。

マテウス・メリアン(1593年−1650年)は当時ヨーロッパで最も有名な版画家集団メリアン一族の頭目で、彼のヨーロッパ地誌「トポグラフィー」は17世紀ドイツ銅版芸術の最高峰と言われています。 このキンサイ鳥瞰図はメリアンの描いたヨーロッパ以外の都市鳥瞰図ということで大変貴重な作品です。