アンティークプリント
ギャラリー
 
 
お問い合わせ  
ご注文  
カタログ  
ボタニカルアート
19世紀以降
18世紀以前  
博物画  
古地図  
建築画
風景画
 
コスチューム
プレート
 
その他の
装飾版画
 
フレーム  
   
 
 
   
ジョン・リンドレー & ジョウゼフ・パクストン
「パクストンのフラワー・ガーデン」改訂版
1882年−84年   ロンドン
多色刷リトグラフ
ロンドン大学植物学教授リンドレー(1799−1865)と建築家としても名声が高い園芸家パクストン(1801−65)は、1850年から53年にかけて「パクストンのフラワー・ガーデン」を刊行しました。 図版はフランスの植物画家コンスタンが制作しています。

1882年から84年にかけてトーマス・バインズによってその改訂版が出されることになりましたが、新たに図版制作者として、当時イギリス最高の植物画家と言われたウォルター・フッド・フィッチ(1817−92)が採用されました。 したがって同じ題名の植物図譜ですが、図版は別物となっています。

フィッチは、キュー植物園園長ウィリアム・フッカーに見出されました。 フッカー自身なかなかの植物画家だったのですが、フィッチの才能を認め、以後専従画家として図版の制作を委ねるようになります。 フッカーはフィッチを、「植物の特徴を捉えることにかけては、比べようのない腕前をもった人物」だとして絶賛しています。

この改訂版では図版の紙に塗光紙が採用されたことで、現在でもその鮮やかな色彩を楽しむことができます。

以下は四つサイズ(348x424mm)ダブルフレンチマット付きです。
マット色はホワイトです。

OBM2-66
The Ariza Plant
マット付き \16.200-(税込)

OBM2-101
The Many-spiked Billbergia
マット付き \8.640-(税込)